取り扱い内容

私たちは弁護士として みなさまの様々な 「困った」 KOMATTA! をサポートしています。

サポート01

自己破産

  • 自己破産するとどんなデメリット・制限があるの?
  • 免責(=債務の支払い義務を免れること)が認められない場合もあるの?
  • ギャンブルや浪費による借入だけど認められるの?
  • 借入の額に上限・下限はあるの?
  • どんな手続きがあるの?
  • 少額管財や同時廃止ってなに?
  • 弁護士に頼むメリットは?

気づいたら、借金が膨れ上がっていた。事情により住宅ローンが返済できなくなってしまった。困ったな。。。
自己破産とは、「支払い不能」(収入や財産が不足し、借金返済の見込みがない状態)と裁判所に認められた場合に、借金の支払い義務が法律上免除される手続きです。借金から解放されるメリットがある反面、職業に制限がかかるなどデメリットもありますので注意が必要です。
一度お気軽にご相談ください。

自己破産に関する様々な疑問や問題に法律の専門家として丁寧にお答えし、依頼者様にとって最善の方法をご提案し解決してまいります。

サポート02

個人再生

  • どうしてもマイホームは残したい。方法はあるの?
  • 借金が膨れ上がってしまったけど、なんとか返済したい。
  • 借り入れ先が増えて、返済が難しく困っている。解決方法はないかな?
  • 個人再生ってなに?自己破産とは違うの?

多額の債務を抱えてしまった。でも自己破産はしたくないし、マイホームも手放したくない。困ったな。。。
個人再生とは、裁判所を通じて行う債務整理手続きの一つです。借金の総返済額を法律に基づいて、だいたい5分の1又は100万円まで減額し、いずれか多い方を原則3年間(最長5年)で支払う返済計画を立てて裁判所に提出します。裁判所で返済計画の許可が下り、計画通り返済を履行できた場合、残りの借金が免除されます。任意整理よりも返済額を減らすことができ、条件によっては不動産を残したまま手続き出来るのが特徴です。
この手続きは、利用するための要件が厳しく、手続きも複雑ですので、専門家に任せることをお勧めしています。
一度お気軽にご相談ください。

個人再生に関する様々な疑問や問題に法律の専門家として丁寧にお答えし、依頼者様にとって最善の方法をご提案し解決してまいります。

サポート03

任意整理

  • 月々の返済額を減らしたい。
  • 借金返済の相談は、どこにしたら良いの?
  • 借金の事を大ごとにはしたくない。何か方法はないかな?
  • 任意整理ってなに?
  • 自分でも出来るの?

任意整理とは、自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う「法的整理」手続きとは違い、裁判所を通さず直接債権者と交渉して将来利息のカットや分割返済の和解をする手続きです。利息制限法により引直し計算を行い、払い過ぎていた利息が戻ってくることもあります。
ご自身で交渉するには難しい部分が多いため、専門家に任せることをお勧めしています。
一度お気軽にご相談ください。

任意整理に関する様々な疑問や問題に法律の専門家として丁寧にお答えし、依頼者様にとって最善の方法をご提案し解決してまいります。

サポート04

過払い金返還請求

  • 自分は払いすぎてるの?
  • 払い過ぎかどうか、調べる方法はあるの?
  • 契約書がないけど相談できるの?
  • すでに完済しているけど、請求できるの?
  • 過払い金があるか分からないけど、相談してみたい。

過払い金とは、消費者金融やクレジットカードで借金したことで、法外な利息(=利息制限法の利率を越える利息)がかかり、払い過ぎていたお金のことです。利息制限法の利率との差額分は、本来払わなくていいお金ですので返還請求することができます。
専門的な知識を要する事も多く、また時効があるなど注意する点があります。ご自身で手続きするには難しい部分も多いため、専門家に任せることをお勧めしています。
一度お気軽にご相談ください。

過払い金返還請求に関する様々な疑問や問題に法律の専門家として丁寧にお答えし、依頼者様にとって最善の方法をご提案し解決してまいります。

サポート05

会社の倒産・破産・民事再生・事業再生

  • 資金繰りが厳しい。
  • 新たな借り入れが出来ず困った。
  • 給料が払えるか不安。従業員の生活を守る方法はないかな?
  • 借金を残したまま、会社を継続する方法はないかな?

借入金の返済や買掛金の支払い、従業員の給料など、月々の支払いに悩まされる日々は精神的な負担が大きいことと思います。まずは会社の状況を整理し、再建できるか否かを見極める必要があります。再建が難しい場合にはどんな方法があるのか、またその後の流れを、法律の専門家としてご説明致します。もしも倒産・破産される場合、予想される混乱を事前に対策することで後々のトラブルを回避することが可能です。また、手続きをスムーズに進めるためにも、早めのご相談をお勧めします。
一度お気軽にご相談ください。

会社の倒産・破産・民事再生・事業再生に関する様々な疑問や問題に法律の専門家として丁寧にお答えし、依頼者様にとって最善の方法をご提案し解決してまいります。

解決事例

破産依頼主:男性30代
相談前
独身時代の生活費の不足を補うために借り入れを繰り返しており、気が付いたら借金が多額になっていました。家族にも借金を秘密にしていたこともあり、多数の督促に加え、訴えまで起こされてしまいどうしたらよいかわからないという相談でした。
相談後
受任後、まず債権者に受任の連絡をし、督促を停止させ、本人に連絡がいかないようにしました。また、本人は高価な財産もなく、現在の収入から借金全額を返済していくことがほぼ不可能なことが分かり、同時廃止手続きを行うことにしました。
債権者から訴訟も起こされているため、給料が差し押さえられるリスクもありましたが、早急に破産申立てをして、同時廃止手続きを行った結果、借金の支払い義務が免除され、家族にも知られずに借金をなくすことができました。
弁護士からのコメント
多額の借金を抱え、返済が滞ってしまうと、債権者から連日のように返済の連絡がきて、ついには訴訟まで起こされることがあります。弁護士に破産、債務整理を依頼すれば、債権者からの連絡は止めることができ、また返済についても止めることが可能です。返済が困難だと思ったら早めに弁護士に相談して頂ければと思います。
個人再生依頼主:男性40代
相談前
自宅兼店舗で理容業を営んでいましたが、生活費を補うための借金や滞納税金が多額となってしまい、税金で100万円以上の滞納、貸金業者だけでも1400万円以上の借り入れがありました。毎月の返済ややりくりができず、精神的にも追い詰められていました。何とか自宅兼店舗は残して自営業を続けていきたいというご相談でした。
相談後
破産をすると自宅での自営業も廃業することとなり、収入の手段が断たれてしまうため、住宅以外の借金を圧縮しつつ住宅を残せる個人再生事件(住宅ローン特別条項付)で手続きを行いました。 通常、個人再生手続きでは圧縮された借金を3年間の期間をかけて支払っていくことになりますが、本人の収入状況からして3年間の分割では月々の支払金額が大きく、いずれ支払いが困難になることが予想されたため、返済期間の延長を裁判所に求めていきました。その結果、5年間での返済計画となり、自宅で自営をしつつ、無理のない返済をしていくことが可能になりました。
ほかにも、申立前に役所と協議をし、100万円以上あった滞納税金を毎月1万5000円の分割支払いにする合意を結ぶことができ、住宅ローンについても、銀行との協議で毎月の返済額を10万から8万円に減額することができ、経済的に余裕をもって生活できるようになりました。
弁護士からのコメント
個人再生であれば、自宅を手元に残しつつ、債務の圧縮をすることが可能になります。特に本件は、自宅で自営業をしていたため、自営業を継続するためには自宅を残すことが必須となる事案でした。
債務整理にも、様々なやり方がありますので、借金問題でお困りの場合は、弁護士に相談して頂ければと思います。
任意整理依頼主:男性30代
相談前
以前生活費等で消費者金融3社からの借り入れをしており、借金が合計100万円以上ありましたが、支払いをできていない状態が長年続いていたため、債権者からは債務全額を一括で支払うように請求されていました。本人は自営での不安定な収入でしたので、一括で返済することができず、何とか低額での分割払いにすることができないかとの相談でした。
相談後
どの債権者も将来利息をカットすることができ、さらに合計20万円以上の借金の減額ができました。返済についても、30~74回での長期分割支払いが可能となり、月々1万8000円ずつの支払いで合意することができ、完済の目途が立ちました。
弁護士からのコメント
弁護士の介入により、一時的に返済を止めることが可能になります。また、弁護士が介入し、債権者と交渉することで、債権額のカットや無理のない金額での分割払いの合意を結べる可能性も高くなりますので、債務整理を考えているのであれば、お早めに弁護士に相談することをお勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください。

弁護士法人 ブリッジルーツ名古屋が債務整理問題を解決
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-2-5 ヒビノ・オフィスラインズ3A
TEL:052-232-2505 / FAX:052-232-2556
COPYRIGHTS BRIDGE ROOTS ALL RIGHTS RESERVED

pageup

home